1. 一番星歌詞

「一番星」の歌詞 タイナカサチ

2007/11/7 リリース
作詞
タイナカサチ
作曲
タイナカサチ
文字サイズ
よみがな
hidden
どこまでもつづそらってるの?
こころはいつまできみおぼえていられるのだろう

ゴールを目指めざしてるようで
本当ほんとうわりなき永遠とわもとめてるの

このひろ世界せかいで このちいさなからだ
まだなにつたえられるはず
かぎりなくばした このゆびこうで
わたしらす一番星いちばんぼし きみのように

みちはなかぜおどるように
こころいまでもらり きみ面影浮おもかげうかべる

かたちあるものはえゆく
だけどみたくない ひとゆめはかない」と

このくら世界せかいで このつめたい人波ひとなみ
まだなにつけられるはず
背伸せのびしてばかりじゃ 気付きづかない足元あしもと
わたしつつ篝火花かがりびばな きみのように

いのちあるものすべかがや
いのちあるものすべくるしむ
あめりまたれるそらのように
かえすんだろう

このひろ世界せかいで このちいさなからだ
まだなにつたえられるはず
かぎりなくばした このゆびこうで
わたしらす一番星いちばんぼし かがや

このくら世界せかいきみのいない世界せかいでも
まだなにつけられるはず
ちいさなあいのカケラを ぬくもりかんじたり
わたしらす一番星いちばんぼしのようにやさしく
つよきてくれた きみのように