「熱帯夜」の歌詞 タイナカサチ

2008/7/23 リリース
作詞
タイナカサチ
作曲
タイナカサチ
文字サイズ
よみがな
hidden
あつあつ太陽たいようしずんで
もっと近付ちかづきたいよ おさえきれないよる

どうしてこうなっちゃうんだろう
けむりにおいに意味いみなくした香水こうすい
二人ふたりってばっかで
たのしいふりも出来できない 湿気しっけてる花火はなび

やさしいみんなの冗談じょうだんさえ
ごめん、いまきたくない
一人ひとりイジワルみたいなわたし
ただきなだけなのに

あつあつ太陽たいようしずんで
あせわたしまだあなたになにえてない
てるだけじゃこのほのお“つかない”
もっと近付ちかづきたいよ 25℃以上にじゅうごどいじょうよる

ふてくされて油断ゆだんしてた
ウォータープルーフいてないマスカラ
にじんでく私照わたしてらして
こんなときかぎって 長持ながもちな花火はなび

なにもかも空回からまわりするのは
本気ほんきこいしてるあかし?
チラッとたびした
いてる場合ばあいじゃない

なつなつ二人ふたりせる
あせわたし無視むししてから
なみだだけじゃ このおもい“せない”
ねぇわるゆめでしょう? 25℃以上にじゅうごどいじょうよる

べタつくかみかげ苛立いらだ今私いまわたしはブスよ
もどさなきゃペース のぞみはある こっちいて

あつあつ太陽たいようしずんで
あせわたしまだあなたになにえてない
てるだけじゃこのほのお“つかない”
もっと近付ちかづきたいよ 25℃以上にじゅうごどいじょうよる

なつなつ二人ふたりせる
あせわたし無視むししてから
なみだだけじゃ このおもい“せない”
はやゆめからめて そのりほどいて