「次咲く花の色は」の歌詞 タカノン,GUMI

2013/8/7 リリース
作詞
タカノン
作曲
タカノン
文字サイズ
よみがな
hidden
キミのゆめみた
いつもどおりな
つたえられずなわりかた

もう何度目なんどめだ?
かぞえるのもいや
正夢まさゆめになりませんように

わせ15分前じゅうごふんまえ
キミはまだいてないみたい
いまのうちおおきめの窓探まどさがして
ちょっとズレたおびでもなおそうかな?

さすがにちょっと早過はやすぎたかな?
キミはいつも遅刻ちこくしがちで
ちきれず背伸せのびして姿すがたさがした
れない下駄げた
バランスくずさないように

まよったんだ
たがいの友達呼ともだちよんで
れと緊張薄きんちょううすめたいっておもった
でもそれじゃいままでとわらなくて
おな事繰ことくかえすだけで

つたえられないままはなれちゃうのはもういやなの

キミのかおつけた
おもわずつめた
ついいつものくせらした

った?」ってキミがくから
ってないよ?」ってこたえた
ありがちなやりりでちょっと緊張きんちょうとけた

キミにつたえたくて
つたえられなくて
き」つたえたくて
つたえられなくて

えなくて
ずっといたくて
でもえなくて
もっといたくて

チャンスなんて何回なんかいくて
おもって勇気出ゆうきだして

つたえて
つな
夢見ゆめみてきたんだ

いままでで一番近いちばんちか距離きょり
キミがいるがして
いままでで一番赤いちばんあかくなったかお
キミにバレませんように

にぎやかななか
なんかなかなかはなすタイミングうしなって
大丈夫だいじょうぶかな?
つたえられるかな?
このおも

キミのかおつめた
覚悟かくごめた
もし次咲つきさいた花火はなびいろあおかったら
つたえられずいた
キミへのおもい、もうつたえよう

キミにつたえたくて
つたえられなかったんじゃなくて
ただげてただけで

いたくて
ずっとえなかったんじゃなくて
またげてただけで

きだなんてったことくて
経験不足否けいけんぶそくいなめなくて

つな 夢見ゆめみ
ここまできたんだ

二人見上ふたりみあげた夏祭なつまつ夜空よぞら
綺麗きれいあお花火はなびいた
二人何故ふたりなぜったから

「キミのこと、ずっときでした。」