「リバーサイドセンチメンタル」の歌詞 ダイスケ

2013/3/13 リリース
作詞
ダイスケ
作曲
ダイスケ
文字サイズ
よみがな
hidden
かわながれのように ぼくらはたびをする ときにはさからえないこともあるさ
頑張がんばってみるかな 黄昏たそがれてリバーサイド

自転車じてんしゃをねかせた堤防ていぼう 若草わかくさのベッドシーツと空模様そらもよう
とまることのないながれの なかでぼくはちょっとひとやす

野球少年やきゅうしょうねん はなったボールがくもそらいこまれ
れたそらからチラッとお天道様てんとさまかおのぞかせる

かわながれのように ぼくらはたびをする ときにはさからえないこともあるさ
それでもきっとさきには 想像そうぞうもしないよな 海原うなばらっていて
かがやきをぼくにせるだろう
頑張がんばってみるかな 黄昏たそがれてリバーサイド

いことも そうわるいことも きっとおなかずだけあるのでしょう
ただいつもわるほうばかりに 敏感びんかんになってしまうクセがある

しボートでゆらっと はしゃぎあってるカップルのように
できるだけわらいながら バランスとってやってみようかな

かわながれのように ぼくらはたびをする ときにはさからえないこともあるさ
それでもきっとさきには 想像そうぞうもしないよな 海原うなばらっていて
かがやきをぼくにせるだろう
頑張がんばってみせるよ 黄昏たそがれてリバーサイド

ためいきゆうかぜに もやはれてしらつき おおきくいきをすってがれ
ぼくをつつむやわらかいひかり
想像そうぞうもしないよな 海原うなばらそう かがやきをこのにうつすのさ
頑張がんばってみるよ 黄昏たそがれてリバーサイド