1. 五畳半とラヴソング歌詞

「五畳半とラヴソング」の歌詞 ダイスケ

2013/3/13 リリース
作詞
ダイスケ
作曲
ダイスケ
文字サイズ
よみがな
hidden
改札口かいさつぐちいそびれた 言葉ことばをどうしてもつたえたくて
五畳半ごじょうはんのうすぐら部屋へやきみきょくいた

ちてもききれなくて 朝焼あさやけにがくらむまで
びついたげんをかきらしては 言葉ことばならべていた

中央線ちゅうおうせんられてきみだれなにおもっていた?
ねぇ ぼくのことはかんがえてくれていたかなぁ

きみためとびっきりのラブソングをいてみたいんだ ねぇ
せつなさもいとしさもいまぼくのこころなかでくすぶっているうちに

ロータリーのまえ屋根やねしたで それとなくうたうたっていて
きみ出会であってわらっていてづけばきょくいていた

小田急線おだきゅうせんのシートにられて 高鳴たかなるぼくの鼓動こどう
どんなかおしてきみいてくれるかなぁ

きみためとびっきりのラブソングをうたってみたいんだ ねぇ
ずかしがらずにぼくはうたうよ アスファルトのうえ うしろでいてくれているきみ

めてくれるかどうかじゃないよ おさえきれないこのおもいを
ただきみつたえたいだけなんだ 言葉ことばにのせてメロディにのせて

きみためとびっきりのラブソングを うたってもいいかなぁ ねぇ
いそびれた言葉ことばわせて きみがすき なによりもいまぼくは