「彗星のラプソディー」の歌詞 ダイスケ

2013/3/13 リリース
作詞
ダイスケ
作曲
ダイスケ
文字サイズ
よみがな
hidden
宇宙電波うちゅうでんぱ傍受ぼうじゅした それによるとあの昨日きのう
ブラックライトでひからせた 派手はで機体きたいにすべりこんで

時間制限付じかんせいげんつきのスペーストリップきめた あからめたっぺたで あまがわをアイツと平泳ひらおよ

あの銀河ぎんがなかで どんなゆめているのでしょう
彼女かのじょ地球ちきゅうなら ぼくは彗星すいせい とどかぬおもいはえつきる
極彩色ごくさいしょくもりなか そらにはつくられたほしくず
調節可能ちょうせつかのうなロマンチックに ほんもののかがやきはあるのかい?
あぁあ ぼくは 今日きょう周回軌道しゅうかいきどう めぐりめぐる

ちょっぴり話題わだいのランチと 洒落しゃれ言葉ことば応酬おうしゅう
てつのアクセルみしめて 時速じそく6おくキロで彼女かのじょ

それにしてもぼくは挨拶あいさつさえ ままならず そのひとみで スキャンしてくれないかい ぼくのこころ

あの銀河ぎんがなかで どんなゆめているのでしょう?
彼女かのじょ地球ちきゅうなら ぼくはUFO ふわふわまわりをんでえる
いますぐきみをさらってびだして 二人ふたりして宇宙飛行うちゅうひこう
三日月みかづきさきっぽに腰掛こしかけて 一度いちどだけきみとキスをする
なんて妄想もうそうあたまなか めぐりめぐる

有線ゆうせんバンドのオーケストラが
ホルストのジュピターをやさしくながころ
彼女かのじょへの恋心こいごころ大気圏突入間近たいきけんとつにゅうまぢかだぜ

あの銀河ぎんがなかで どんなゆめをみていようと
偽物にせもの宇宙うちゅうまれて 地球儀ちきゅうぎがスローにまわっても
つのるおもあきらめるわけに はたしてなるのでしょう?
こうなればきる彗星すいせい一瞬いっしゅんかがやきをせましょう
宇宙規模うちゅうきぼあいせつけましょう めぐりめぐる