「流星」の歌詞 ダイスケ

2014/3/26 リリース
作詞
ダイスケ,小西透太
作曲
ダイスケ
文字サイズ
よみがな
hidden
地球儀ちきゅうぎうえじゃすうセンチばかりの
指先ゆびさきむすべるほどの距離きょりなのに
ぼくはねなんてないから ひかり速度そくどでもないから
なみだちる瞬間しゅんかんんではいけないけど
流星りゅうせい空翔そらかけたび ひとつのねがいがながたび とどいてほしい おくるメッセージ

どんなときだって きみ一人ひとりじゃないから ほら見上みあげてよ

おもいをせてながれてく 今夜西こんやにしそらには流星群りゅうせいぐん
ちいさなひかりでも きみこころをきっとつつ
それでも不安ふあんえないとき
いにいくから はるすうセンチの距離越きょりこえて

いつもわらってきていたいけれど
そうじゃないから出会であえたワケもある
大丈夫だいじょうぶ ぼくだって いまきみとおんなじそらした またえる夢見ゆめみてるよ

ぼくらの距離きょりつないでる しんえる気持きもちが流星群りゅうせいぐん
瞼閉まぶたとじたって けっしてえることなどないひかり
明日あしたぼく希望抱きぼうだけるのは
きみがいるから きみしんじてくれたから

言葉ことばよりもなによりもつたわるんだ
なみだれるよるをいくつもえて またここでえるまで

きみかなしみとき よろこびをそっとかみしめるとき そらかならながれるほし

おもいをせてながれてく 今夜こんやきみそら流星群りゅうせいぐん
こころつな手確てたしかめて はなさないで いにいくから かならいにいくから
わずかすうセンチの距離越きょりこえて