「恋アバき、雨ザラし」の歌詞 ダウト

2013/6/26 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ねえ、紫陽花あじさい綺麗きれい雨化粧あめげしょうされたがしら
かずはなれずをりほどいて、貴男あなたまでたどりけたわ。
ワンルームというあいで、おたがいのことえた。
たる記念日きねんび心待こころまちに…わたししあわせでした。

なのに貴男あなたが、ているすき枕元まくらもとパンドラのはこけた。
すいもあまいも、ふとした出来心できごころわたしは、むくいをけたわ。

さらば、純情じゅんじょうあざやかです。かさはな
あとまつりね。こいアバき、あまザラし。

ねえ、貴女あなたはいつからぼくうたがっていたのかな。
だまだましのくちづけのあと?まさかずっとまえから?

あさめて、見透みすかすひとみなにわなくても、もうわかった。
あふれんばかりビーだましずくが、またひとつ、またひとつ、こぼれた。

修羅場しゅらば、バラバラ。わるいのは、ぼくほうだ。
あとまつりさ。こんなぼく腹立はらだたし。

最寄もよえきまでむかうバスの停留所ていりゅうじょから、部屋へやまどながめていました。
あのひと出会であったのなら、つたえておいてしい。こいなんてあばくものじゃなかった。
こいはぐくむものと、ようやくわかったのにね、気付きづくのがおそ馬鹿ばかわたし
幼気おさなげ恋心こいごころまで、わかれたあの場所ばしょりのまま。

さらば、純情じゅんじょうあざやかです。かさはな
あとまつりね。こいアバき、あまザラし。

かなうなら、あのをやりなおしたい。
もどれぬ二人ふたり後悔こうかいさきたず。こいアバき、あまザラし。