「蛍火」の歌詞 ダウト

2011/7/27 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
どこかとおくへきたい 電波でんぱもないどこかへ
ごらん満点まんてん夜光やこう ぼく指差ゆびさ場所ばしょ

線香花火せんこうはなび時間ときはかなおしえてくれる
れる夏草なつくさ合唱がっしょう とても心地ここちいいな

さぁかえろうきみまちまで
つたえたいことがあるよ ほんの一言ひとこと

Sha la la ほたるひかり夜空よぞら
たとえわずかなかりでもきみらしつづけよう

永遠えいえんという一瞬いっしゅんのひらでころがせば
まるでよいつきみたくせつなくてもろいな

Sha la la ほたるひかりとどけてくれ
とおはなれた場所ばしょだってきみおもつづけよう

ねぇ、過去かこわすれてしまうものかな
あいされたことさえも あいしたことでさえも

Sha la la ほたるひかり夜空よぞら
たとえわずかなかりでもきみらしつづけよう

Sha la la いたくてもえぬなつこい
まためぐうそのおりはあのころ気持きもちのままで

季節きせつともりぬ