「俺たちのロカビリー・ナイト」の歌詞 チェッカーズ

1985/7/5 リリース
作詞
売野雅勇
作曲
芹澤廣明
文字サイズ
よみがな
hidden
ドラムたたいてた
路地裏ダウンタウンのクラブいま
仲間なかまたちもえて
ゆびらすおとだけ
こえる
woo baby
あのころはみんな
不良少年ロカビリーばれてたね
前忘まえわすれられずに
たずねた街角まちかど
馬鹿ばかだぜおれだけ ひとり
20歳はたちえたよ
むすばれる約束はず
まえいれば
つらくなかった
えてくらしに
チャンスを
さがしていた
まずしいけれど
ゆめがあったね
きゃおれたちの
ロカビリーナイト

リーゼントのかみ
なみだれてたね
あの
バイクばしたのさ
まえ 一人ひとり
命消いのちけしたと いて…
もうさびれちまった
みせほこりかぶる写真しゃしん
そっとゆびでぬぐえば
二人ふたり微笑わらってる
あいしていると舗道ほどう
まっなスプレー
きながらいた
なみだロカビリー
きだと絶叫さけ
まえ大人おとな
られたまま
かれた…
まずしいけれど
ゆめがあったね
青春せいしゅんだったね
ロカビリーナイト
まえいれば
つらくなかった
えてくらしに
チャンスを
さがしていた
まずしいけれど
ゆめがあったね
きゃおれたちの
ロカビリーナイト