「100Vのペンギン」の歌詞 チェッカーズ

1990/8/8 リリース
作詞
藤井郁弥
作曲
藤井尚之
文字サイズ
よみがな
hidden
悪夢あくむにうなされベッドをころ太陽たいようころちた
蛇口じゃぐちひねりトランキライザー二錠にじょう すわりこみくだいた
ちいさなかべにリモコン電波飛でんぱとばし あこがれのブルジョア賛歌さんか
ふらりとコンビニでアダルトビデオぬす出口でぐち腕掴うでつかまれる
マニュアルどおりにつぎ矢印やじるしすす
いつもトレンドがくちみみふさいでゆく

邪魔じゃまなアルミだまチャリティーボックスにしたつりかぞえる
まちくろにごったあめにうたれ なくひびごえ
100Vひゃくボルトのペンギンたちは不思議ふしぎ電気仕掛でんきじかけのゆめ
こわれたTVテレビが「さくらった」とげる
明日あしたはまたひとつ昔話むかしばなしがえる
あの日流ひながしたなみだうそ
子供こどもたちはただれた メロディーくちずさむ
The Stars and Stripes Forever
きみほうつらいねきみぼくつくった
過去かこえたこのまち ちかづく

はなれShinbokuさえもたおした 爆弾ばくだんちたから
失脚しっきゃく古傷ふるきず記憶きおくもなく このしままれてきた
100Vひゃくボルトのペンギンたちは不思議ふしぎ電気仕掛でんきじかけのゆめ
砂時計すなどけいがサラサラときとす
ひざかかえて言葉ことばこころもる
あの日叫ひさけんだいかりはうそ
なすすべもなくふたた艦隊ぐんたいしずみゆく
The Red and White Forever
きみほうつらいね きみぼくつくった
過去かこえたこのまち ちかづく