「おとぎの国の君」の歌詞 チャットモンチー

2006/7/5 リリース
作詞
福岡晃子
作曲
橋本絵莉子
文字サイズ
よみがな
hidden
あぁ もしきみがいなくなったら なんて
ほんとに かんがえられなかったんだ
となりでねむきみかお
いつでも れられるとこにある
コレがなくなるわけないじゃない
コレがなくなるはずないじゃない
太陽たいよう地球ちきゅう何周なんしゅうかしたころ
ぼく一人ひとりあさをむかえた

あぁ もしきみがいなくなったらなんて
本当ほんとうかんがえられなかったんだ
となりにいないきみかお
いつでもれられたはずなのに
現実いまめられないぼく
現実いまあるそうとするきみ
太陽たいよう地球ちきゅう何周なんしゅうかしたころ
ぼく一人ひとりあさむかえた

あれはつきにさらわれたんじゃないだろうか?
あれはつきにさらわれたんじゃないだろうか?
あれはつきにさらわれたんじゃないだろうか?
アレハツキニサラワレタンダ...

あったかいはる日差ひざしも 寒空さむぞらしたのココアも
きみなしじゃただの白黒しろくろ 味気あじけないんだ
いつもうるんでだひとみぼくきなとこだった
きみなしじゃただの白黒しろくろ あつくないんだ

ただこんな日々ひびわりがくるってこと
ぼくだけがらなかったみたいだ
ださくてカッコわるぼくのこと
わすれないでいて