「コスモタウン」の歌詞 チャットモンチー

2007/9/5 リリース
作詞
高橋久美子
作曲
橋本絵莉子
文字サイズ
よみがな
hidden
二車線向にしゃせんむこうのくるまから こっちいてニヒルなわら
ああいうかおよわいから すかしたおんなえんじてみせた
真夜中まよなか国道こくどう不気味ぶきみなくらいしずかで
くす信号しんごうだけ 宇宙うちゅうすみにきらめいていた
昼間ひるまにはえなかったものがそこにあり
あの頃見ころみえなかったものがいたいほどさる

「ほらあれが北斗七星ほくとしちせいだ」
つないだ祖父そふは しわしわであたたかかった
見上みあげたほしのかなしみが つきかげからのびている
わたしこころ見透みすかしているのなら
だまってないでそのこたえをおしえてよ

やみってくるまはしっていく
うしろからめるこえ
マリちゃんでもコウちゃんでもなくて
おさないおさげのわたしです

昼間ひるまにはえなかったものに気付きづいたとき
なんだかゾッとした

しげみのなかつけられなかった
野球やきゅうボールをおもう あの今何いまなにをしてる?
見上みあげたほしのかなしみが つきかげからのびている
わたしこころ見透みすかしているのなら
だまってないでそのこたえをおしえて

「ほらあれが北斗七星ほくとしちせいだ」
よくはたらいたは しわしわであたたかかった
見上みあげたほしのかなしみが つきかげからのびている
わたしこころ見透みすかしているのなら
だまってないでそのこたえをおしえて おしえてよ