1. サラバ青春歌詞

「サラバ青春」の歌詞 チャットモンチー

2005/11/23 リリース
作詞
高橋久美子
作曲
橋本絵莉子
文字サイズ
よみがな
hidden
きみとよくった坂下食堂さかしたしょくどう
どうやらぼくらと一緒いっしょ卒業そつぎょうしちゃうらしい
なんでもない毎日まいにち本当ほんとう
記念日きねんびだったって今頃気いまごろきづいたんだ 今頃気いまごろきづいたんだ

卒業式そつぎょうしきまえぼくりたかったのは
地球ちきゅう自転じてん理由りゆうとかパブロフのいぬのことじゃなくて
本当ほんとうにこのままわるのかってことさ
ひっそりとした教室きょうしつすわっているのはぼくらだけで
なんだかすこわらえてきた
そらはいいかんじの夕焼ゆうやいろ飛行機雲ひこうきぐもがキーンてつづいていた

きっといつのわらばなしになるのかな
あのころあおくさかったなんてね
水平線すいへいせんえていく太陽たいようみたいに
ぼくらの青春せいしゅんもサラバなのだね

サラバ青春せいしゅん

おもなんていらないって つっぱってみたけれど
いつだって過去かこにはてやしない
あのころ大好だいすきでおもわらいも大好だいすきで

暗闇くらやみぼくひとりぼっち
ピンクいろかぜもうすむらさきかおりも音楽室おんがくしつのピアノのうえ
大人おとなになればおさけもぐいぐいめちゃうけれど
もうそらべなくなっちゃうの?

サヨナラ

あせのにおいのみついたグラウンドも
ロングトーンのラッパのおとも「さようなら」ってえそうにないなあ

きみとよくった坂下食堂さかしたしょくどう
どうやらぼくらと一緒いっしょ卒業そつぎょうしちゃうらしい
なんでもない毎日まいにち本当ほんとう
記念日きねんびだったって今頃気いまごろきづいたんだ 今頃気いまごろきづいたんだ