「親知らず」の歌詞 チャットモンチー

2007/10/24 リリース
作詞
高橋久美子
作曲
橋本絵莉子
文字サイズ
よみがな
hidden
親知おやしらずがえてきたよ こわいから歯医者はいしゃにはかない
親知おやしらずがえてきたよ だれらないあいだ

おおきくくちひらいて 仕上しあげのブラシを
膝枕ひざまくら頭乗あたまのせて 見上みあげるのがきだった

家族写真かぞくしゃしんはいつだって なごやかに いろあせず
ひとりでらす部屋へやなか 微笑ほほえんでいるのです
いもうといた母親ははおや真面目過まじめすぎる父親ちちおや
まるで昨日きのうのことのよう まるで昨日きのうのことのよう

あっというときぎ いつのやさしくなって
明日明日あしたあした気長きながなふりで「ありがとう」とかなに今更いまさら

たまにかえればご馳走ちそう もうどもじゃないのにね
ああ だけどやっぱり あなたのでよかった

家族写真かぞくしゃしんいまもまだ なごやかに いろあせず
ひろくなったうちなか 微笑ほほえんでいたのです

写真しゃしんなか2人ふたりが とてもつよいから
わたしがここにいる意味いみ わかったがしたのだよ
このしあわせがあなたのしあわせであること
このかなしみがあなたのかなしみであること

大丈夫だいじょうぶ!写真しゃしんはこれからも なごやかに いろあせず
ひとりでらす部屋へやなか ひかりはなっていくのです
わたしもいつかこんなふうにひとあいせるだろうか
しあわせの意味いみだれかと わかりあえるだろうか

親知おやしらずがえてきたよ こわいから歯医者はいしゃにはかない
親知おやしらずがえてきたよ だれらないあいだ