「虹とスニーカーの頃」の歌詞 チューリップ

1979/7/5 リリース
作詞
財津和夫
作曲
財津和夫
文字サイズ
よみがな
hidden
わがままは Oh-
おとこつみ Oh-
それをゆるさないのは
おんなつみ
わかかった Oh-
なにもかもが Uu-
あのスニーカーは
もうてたかい

しろいスニーカー
よごさないように
裸足はだしあめなか
ぼくらはあるいた
びしょびしょれの
トレーナーが
かわくまでった
なつ昼下ひるさがり
わがままは Oh-
おとこつみ Oh-
それをゆるさないのは
おんなつみ
わかかった Oh-
なにもかもが Oh-
あのスニーカーは
もうてたかい

しろかんだ
水着みずぎあと
指先ゆびさきでなぞれば
かみなりおと
窓辺まどべから
かおして
にじさがしてた
きみおぼえてる

わがままは Oh-
おとこつみ Oh-
それをゆるさないのは
おんなつみ
わかかった Oh-
なにもかもが Oh-
あのスニーカーは
もうてたかい

もつれたいと
ひきちぎるように
突然とつぜん 二人ふたり
他人たにんになった
ぼくらには
できなかった
大人おとなこい
どうしても
わがままは Oh-
おとこつみ Oh-
それをゆるさないのは
おんなつみ
わかかった Oh-
なにもかもが Oh-
あのスニーカーは
もうてたかい
わがままは Oh-
おとこつみ Oh-
それをゆるさないのは
おんなつみ
わかかった Oh-
なにもかもが Oh-
あのスニーカーは
もうてたかい