「明け星」の歌詞 チームしゃちほこ

2014/8/20 リリース
作詞
北村岳士
作曲
北村岳士/田上陽一
文字サイズ
よみがな
hidden
きみとどくように あの星見ほしみつめながら
いのる」と言葉ことば意味いみ今初いまはじめてった

きみならかならかなうと いつでもしんじている
だからわすれないで いつもきみのそばにいるよ

はげしいあめにもけない その勇気ゆうき
だれにもえないつばさ

こたえて そのちからおおきな明日あしたえがいて
やみひかちいさなほしはやがて
ひろがる 朝焼あさやけに かがやほしになるの
しんじている っている
このまま

おなそらつつまれて きみかんじている
だけどすこしだけあふれてくるちいさななみだ

てしない世界せかい こうして出会であえたこと
一番大事いちばんだいじ奇跡きせき

きらめく ほしひかり おおきな星座せいざえがいて
このおもいは やがてひとつになるの
かなえて そのちからかがや明日あしたをきっと
しんじている っている
このまま

しんじて そのちからおおきな明日あしたえがいて
やみひかちいさなほしはやがて
ひろがる 朝焼あさやけに かがやほしになるの
この場所ばしょっている

「さよなら」はわない あたらしい奇跡きせきはいつか
このおもいを やがてひとつにするの
かなえて そのちからかがや明日あしたをきっと
しんじている っている
このまま

きみとどくように あの星見ほしみつめながら
いのる」と言葉ことば意味いみ今初いまはじめてった