「はじめての朝」の歌詞 テゴマス

2006/12/20 リリース
作詞
下地悠
作曲
日比野裕史
文字サイズ
よみがな
hidden
どうでもいいだろう 終電しゅうでんなんて
このまま今夜こんやかえれないよ
せないこと づいてたら
その視線しせん勇気ゆうきをくれないか

えない距離きょりじらいながらある
さえられない苛立いらだちが 時間じかんをほしがってる

もっとそばにいてほしい あぁ よるけないで
きらめいてながれるそらしたで こんなにねがっているよ

したこと やむくらい
きみはイタズラにわらってみせる
このおもいま うつせば
いたようにあざやかだろう

いつかとお未来みらい 記憶きおくなかおも
偶然ぐうぜんなか必然ひつぜん きみ永遠えいえんに...

いっそときめてくれ もぅ どうにでもなれ
められてやさしいかぜかれて こんなにふるえているよ

いまにもけそうな この気持きもめて
間違まちがいじゃないきっと ぼく出逢であえたことしんじて

もっとそばにいてほしい あぁ よるけないで
きらめいてながれるそらしたで こんなにねがって...

いっそときめてくれ もぅ どうにでもなれ
められてやさしいかぜかれて こんなにふるえているよ