1. 夏への扉歌詞

「夏への扉」の歌詞 テゴマス

2009/7/15 リリース
作詞
桜井秀俊(from 真心ブラザーズ)
作曲
桜井秀俊(from 真心ブラザーズ)
文字サイズ
よみがな
hidden
最後さいごなつ校庭こうていをまたはし
連敗記録れんぱいきろくは のびる
それでも いつでも あたまからすべりこむ

あの今頃いまごろじゅくだか図書館としょかん
勝利しょうり女神めがみわらってみてよ
そしたら フェンスの こうでもばせるさ

いかける このちっちゃな ボールさえ
けっしておもうようにはいかない
二度にどとない ひとときも
わすれてしまうかもしれない
ひとつだけ つけたい
しんじてゆけるものを ひとつ かぜなか
おおきなフライが 真白まっしろくもける

最後さいごなつだから ぼくらはあせになる
あのは どんなかおをするの?
打球だきゅうが フェンスの こうへえたときに

あきらめて しまうには あまりにも
こいはまぶしいものだったよ
ハンカチも さみしさも
わすれてしまうものなのかな
ひとつだけ つけたい
しんじてゆけるものを ひとつ かぜなか
おおきなフライが 真白まっしろくもける
おおきなフライが 真白まっしろくもける