1. 夜は星をながめておくれ歌詞

「夜は星をながめておくれ」の歌詞 テゴマス

2010/4/21 リリース
作詞
Hacchin' Maya
作曲
ヒロイズム
文字サイズ
よみがな
hidden
歩道橋ほどうきょう 階段かいだんを のぼるぼく背中せなか
きなんて うのは きみしかいないだろう
ぼくたよるように いたずらをするように
をみせて わらってた きみがなつかしい あのころ

ぼくのことでキミがくなんて
そんなのおかしいよ そうだろ
ぼくはうれしいんだ だっていまここに
きみがいる そのことが 本当ほんとうしあわせなんだから

もしもぼくんでしまっても
よるほしをながめておくれ
わらってるだろう それがぼくだよ
一緒いっしょわらっておくれ
ほら ごらん かなしくないだろ

海外かいがいきたいと 二人ふたりでパスポートを
とったけど それだけで 満足まんぞくしたっけね
アフリカの サハラとか いつか一緒いっしょこう
そんなこと はなしたね わらいがあふれた あのころ

ひとりじゃきてゆけないなんて
そんなこといわないで そうだろ
キミにはわらって未来みらいをみてほしい
その笑顔えがお それだけで 本当ほんとうしあわせなんだから

もしもぼくんでしまっても
よるほしをながめておくれ
わらってるだろう それがぼくだよ
一緒いっしょわらっておくれ
ほら ごらん かなしくないだろ

みち途切とぎれてしまうわけじゃない
キミにこえるように みちしるべをうた

明日僕あしたぼくんでしまっても
かないで空見上そらみあげて
わらってるだろう それがぼくだよ
そうだよ ここにいる キミのそばに
もしもぼくんでしまっても
よるほしをながめておくれ
わらってるだろう それがぼくだよ
一緒いっしょわらっておくれ
ほら ごらん かなしくないだろ