「襟裳岬」の歌詞 テレサ・テン

2006/4/12 リリース
作詞
岡本おさみ
作曲
吉田拓郎
文字サイズ
よみがな
hidden
きたまちではもう かなしみを暖炉だんろ
もやしはじめてるらしい 理由りゆうのわからないことで
なやんでいるうち おいぼれてしまうから
だまりとおした歳月さいげつを ひろいあつめて
あたためあおう
襟裳えりもはるなにもないはるです

きみはいめだよね コーヒーカップに
角砂糖かくざとうひとつだったね すてきてしまった
わずらわしさだけを くるくるかきまわして
とおりすぎた なつのにおい おもして
なつかしいね
襟裳えりもはるなにもないはるです

日々ひびのくらしはいやでも やってくるけど
しずかにわらってしまおう いじけることだけが
きることだと かいならしすぎたので
身構みがまえながら はなすなんて アー臆病おくびょうなんだよね
襟裳えりもはるなにもないはるです
さむともだちが たずねてきたよ
えんりょはいらないから あたたまってゆきなよ