「みなとみらい」の歌詞 トミタ栞

2015/2/18 リリース
作詞
トミタ栞
作曲
若田部誠
文字サイズ
よみがな
hidden
いまはぼんやりしてる
いつかはかなえたいゆめ
でも あきらめたくなる

こころおもっていても
だれにもはなせないのは
きっと つらぬくつよさを もてないでいるってこと

ひとりだけどってみた うみちかくのスタジアム
なんかなみだがでそうで
まえひろげる 筋書すじがきのないストーリー
らぬ勇気ゆうきをもらえたよ

こえしたら 不思議ふしぎなくらい
はじめてかることがある
素直すなお気持きもはししたら
自信じしんをもって まよわずにいかけよう

いま下書したがきだけど
未来みらいつづいていくみち
なんどもまようけれど しんじてあるいていく

見失みうしなうと たくなる 夜景やけいのキレイな"みなと"は
自分じぶんえる場所ばしょ
とおくてちいさいひかりやさしくつつんでくれたり
わたしにもエールをくれるから

えたとき 不思議ふしぎなくらい
はっきりえるものがある
不安ふあん気持きもとおぎたら
つぎのステージへ こわがらずすすもう

こえしたら 不思議ふしぎなくらい
はじめてかることがある
素直すなお気持きもはししたら
自信じしんをもって まよわずに

えたとき 不思議ふしぎなくらい
はっきりえるものがある
不安ふあん気持きもとおぎたら
つぎのステージへ こわがらずすすもう