1. 線香花火歌詞

「線香花火」の歌詞 トミタ栞

2013/8/28 リリース
作詞
若田部誠
作曲
若田部誠
文字サイズ
よみがな
hidden
なつかおりが 去年きょねんのこと
はこんできたようで おもいかえす
あいつはいま どうしてるかな・・・
突然とつぜん になりだす

見慣みなれてる まち風景ふうけい
なぜか いつもとはちがってみえて
まるで あのもどったみたい
日差ひざしがまぶしかった

友達ともだちに どれだけ
やかされていても
わるはしない
そんな毎日まいにちだったよ

線香花火せんこうはなびは はかなくいた
火種ひだねまでが ゆらゆらとれていた
きすぎて すこしだけ
臆病おくびょうになっていた たぶん
これからじゃ、もう おそすぎるけど
まっすぐなおもいをつたえたら
かったの・・・?
おしえてよ おしえてよ

川沿かわぞいを 二人ふたりかえれば
突然とつぜん夕立ゆうだちに ふられた
なみだあと ごまかすのには
ちょうど かったのかも・・・

ひとなつこいなら
すぐにわすれたけど
まだ この気持きもちは・・・
ずっと、くすぶっているよ

線香花火せんこうはなびしずかにった
火種ひだねだけが こころちてのこった
せなくて くるしくて
しばらくいたけど いま
ほんのすこしだけ つよくなれたよ
おもわりつつある
あなたのこと・・・
きだったよ きだったよ

線香花火せんこうはなびは はかなくいた
火種ひだねまでが ゆらゆらとれていた
きすぎて すこしだけ
臆病おくびょうになっていた たぶん
ほんのすこしだけ つよくなれたよ
おもわりつつある
あなたのこと・・・
きだったよ きだったよ