「幽霊屋敷の首吊り少女」の歌詞 トーマ,メグッポイド

2012/6/20 リリース
作詞
トーマ
作曲
トーマ
文字サイズ
よみがな
hidden
なつかげばすような夕暮ゆうぐ
カラスが鳥居とりいうえいたうわさ
耳打みみう子供こどもこえ 夏祭なつまつり、ラリ。

裏山うらやま小道こみち、トンネルのこうに
ポツリとふるねむ屋敷やしきがあって
首吊くびつった少女しょうじょれいるそうだ

好奇心こうきしん人達ひとたち
っただろ、るはずない」と
きし階段かいだん れる懐中電灯かいちゅうでんとう
だれ気付きづいてはくれないや

あたしんでなんかない。」って
くらがりにかって
そっとつよがってましても
ごした日々ひびとも
まったはり埃被ほこりかぶって
また声枯こえからして今日きょうわって
明日あすまどうつんでも
わたし此処ここにいます。

季節きせつたばねたむしこえ 夕立ゆうだち
ながれた灯篭とうろう 神様かみさま悪戯いたずらのよう

まよんできた灰色猫はいいろねこ
「あなたもわたしえないの?」
でようとした右手みぎてむなしく
するりけ、くういた

あたしんでいたのかな」って
ひざかかえて 過去かこいと手繰たぐっても
些細ささいつらいことや家族かぞくかおおもせなくて
とおくでともりだす家並いえなみのあかりや
いた花火はなび
ながめ、いま誤魔化ごまか

なつわり った
子供こどもたちのうわさうす
ただよってはかお線香せんこうけむり一緒いっしょ
姿すがたけ、やがてえゆく

わたしはただの一夏ひとなつうわさだった
六月始ろくがつはじめにまれ
八月終はちがつおわりに遠退とおのいた
意識いしき影法師かげぼうしになった

だれつけてはくれなかったけれど
記憶きおく片隅かたすみにある、かつてのあわ日々ひび
一部いちぶとなってのこつづける
もうらした向日葵ひまわりうた
せみしぐれも
なつにおいだけのこ屋敷やしき
少女しょうじょはもういないだろう