1. 骸骨楽団とリリア歌詞

「骸骨楽団とリリア」の歌詞 トーマ,初音ミク

2011/10/19 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
無口むくち神様かみさまおとててかたむいた
虫夜空むしよぞら なみだぐんだ
月夜つきよかせるの だれらないうた
灰色劇場はいいろげきじょう 窓辺まどべのオリオンと

何度なんどだってこえる 一人ひとりきりのつたなこえ
いた楽器がっき海原うなばら幻想げんそうかなでてた
ゆめ中覚なかおぼえた 音色ねいろたちをただあつめて
芽吹めぶくようにつむいだ
星巡ほしめぐりのうたとどかない

ほら うたってたって いた ひとり
うかんでった音楽祭おんがくさい
きみこえる? ロミア ロミア
何年経なんねんたってえたおと
魔法まほうみたいなこいをしたり
かないように

言葉ことばした 退屈たいくつくにひと
くしたモノをさがしてた
かがみふさいでた けたアンティークな日々ひび
火星かせい廃墟はいきょ 真昼まひるのカシオペア

何度なんどだってこえる わすれていたおとあめ
いた骸骨がいこつ孤独こどく想像そうぞうめるようで
とおくなっておぼれて かすそららないまま
りそそぐ世界せかいれてって

ねえ うるんでいたとおくに
せるおもい くすんだひとみ
ほしねがいを ロミア ロミア
もんをくぐってきりけて
うばったっていにこう
ささやきをたよりに

ある街並まちな硝子瓶ガラスびんふゆ
何処どこかの映画えいがのようね
ほそなが線路せんろうえでさ
わたしいろけて

れてすぐがれてしまう
はかなしずかなあさ
つけたおと欠片かけら

ほら うたってたって いた ひとり
うかんでった音楽祭おんがくさい
きみこえる? ロミア ロミア
何年経なんねんたってえたおと
魔法まほうみたいなこいをしたり
ねむるようにめるまえ

じてをあてて
奥底おくそこ鼓動こどういた
途切とぎれない旋律せんりつ
もなききみへと