1. オレンジ歌詞

「オレンジ」の歌詞 トーマ

2013/4/3 リリース
作詞
トーマ
作曲
トーマ
文字サイズ
よみがな
hidden
きみのいる世界せかいわらったこと、
きみ未来みらいうらんだこと、
きみこえぬくもり、態度たいどあいのすべてが…

海街うみまち赤錆あかさびた線路沿せんろぞ
二人ふたり、「しあわせだ」ってうそついて
くしゃくしゃにわらかおつないだ
とおくのしま朝焼あさや

あいしきれないきみのこと、
つられてわたしよわいこと、

わりなんてないって、特別とくべつだって
ゆるえた

もう二人ふたり明日あしたがないことも
ただ、ずっと。そう、ずっと
かくしてしまおう。

のこされるきみとどく ただひとつを
いまでも、さがしてる。

元気げんきでいますか。」
笑顔えがおれてませんか。」
ほかだれかをふかふかく、あいせていますか。」
ずっとるはずないきみとのねがったこと
かぎかけて。

三日月島みかづきじまかげ渚鳥なぎさとり
ツタにかざられた教会裏きょうかいうら
また子供こどもじみた約束やくそくしては
はなしをしよう。

だれたされないよりも
のぞんだ最後さいごだけをあたためる
こわゆめただけのわたし
そうであったように。

ゆるすだけでも、くだけでも
ただ、きっと。そう、きっと
だれわれないこと。
傷付きずつけないよわさがきられないほど
おおきくそだったの。

おぼえていますか、
はじめてったことも、
きみうそも、あまえも、よわさも、ながしてゆくような
この朝焼あさやけで あののようにきみはまた
素敵すてきわってゆく

あいうたった 大地だいちった
いま、「最低さいていだ」ってころした最後さいご
不完全ふかんぜんだって不確ふたしかになって
ほらばして、ないや。
歳月さいげつめぐって こえ辿たどって
またまれわったら
さききみいにこう。

あいしていました。
最後さいごまで、このまで。
それでもわりにするのはわたしなのですか、
きみしあわせな未来みらいを、ただ、ねがってる。

きみのいる世界せかいわらったこと、
きみ未来みらいうらんだこと、
きみこえぬくもり、態度たいどあいのすべてに
さよなら。