1. クジラ病棟の或る前夜歌詞

「クジラ病棟の或る前夜」の歌詞 トーマ

2013/4/3 リリース
作詞
トーマ
作曲
トーマ
文字サイズ
よみがな
hidden
「ねえ、最後さいごはなしをしよう」
灰色はいいろくだつながったきみ口元くちもと
「そうだ、すこたよりないような、
きみ下手へたうたきだったよ」

すすけたカーテンにかこわれ、
夜中よなか秘密ひみつみたい。

機械きかいまれてく
きみいき心臓しんぞう
それでも、うつくしいね。

意味いみもなく、なぞるように
名前なまえって
最後さいごよる約束やくそく 車椅子くるまいす花嫁はなよめ
きみあいされてきてこれたこと、
とてもしあわせにおもうの。
だからかないで、ねえ」

「ほら、きみきだってった、
映画えいがわりも、こんなふうだったね」

「ちょっと理科室りかしつみたいなにおい。」
なかかった、どうしてるかな」

二度にど季節きせつめぐらない。
二度にどとページはめくられない。
みずいてしまう花束はなたばは、ねむったまま。

くろそらちてくる わるゆめた。
なみだうみしずんでく、ぼくまちゆめた。
きっと何一なにひとつ、ゆめなんかじゃなかった。
ゆめなかでもきみだけは、いつもただしかった。

めたサイレンと、汽車きしゃきみ六月ろくがつ
ゆるせないこのぼくをもう一度いちどゆるしてほしい。