1. サンセットバスストップ歌詞

「サンセットバスストップ」の歌詞 トーマ

2013/4/3 リリース
作詞
トーマ
作曲
トーマ
文字サイズ
よみがな
hidden
なかちたころ 喧騒けんそうはかすかあからんで
ふるうたすすけたにおいがせつなくなって
イヤホンはずしてすぐ 定刻ていこくにバスがまって
いつもどお一番後いちばんうしろの座席ざせき腰下こしおろす

うばった町並まちなみがぼくのものだったら
けるような夕暮ゆうぐれなんかにしないだろう
いのちてをったあざやかさなんて
すぐ、こわ闇夜やみよぬすまれる

ねぇサンセットバスは何処どこかって
何処どこわのだろうって
まだうすいライトがみちらすけど
かえれなくてもいいかなって。
サンセットバスはさかのぼっておわかれだね
世界せかいわるみたいだよ」って
子供こども

幾度いくどせてはろす それぞれに生活せいかつがあって
かざのないこころゆだねる かえるべき場所ばしょがある

まだほのだれかの体温たいおんがシートにのこされ
きっとこの夕陽ゆうひながめてたんでしょう
ぼくだけのものにはなるはずないって
わかってるけど、なぜ溜息ためいきひざちてゆく?

サンセットバスはぼくさらって
何処どこれてくのって
“とまりますボタン”のプラネタリイムが
帰路きろ夜光虫やこうちゅうみたいで
サンセットバスはひとりきりでおわかれだね
みんなかえってさみしくないの?

食卓しょくたくかこむ幸福こうふくまどかられる
ふかいろのカーテンがよるげる
そんなたりまえこわしてほしい
つぎしあわせ ありつくぼく
なんて我儘わがまま

サンセットバスは何処どこかって
何処どこわるだろうって
かげるアスファルトからびる街灯がいとう
めるみちかえろうか
サンセットバスは今夜こんやねむって
ゆめるの
わる、またとない今日きょうのこと
明日あしたのこと