「廃景に鉄塔、「千鶴」は田園にて待つ。」の歌詞 トーマ

2013/4/3 リリース
作詞
トーマ
作曲
トーマ
文字サイズ
よみがな
hidden
どこかくすんだ九月くがつ
れだす大気たいき季節きせつむしった
母胎ぼたいもりはいつもよりさわてていた

教室きょうしつ水槽すいそう
幾千いくせんさかな海岸かいがんがった
不吉ふきつにもぼく自転車じてんしゃでカラスをいた

山小屋やまごやひつじたちのごえ何処どこったろうか
ずっとなが未来みらいからすみたいに
「ウージの」とばれる巨大きょだい送電塔そうでんとう
あかあかがって見下みおろしていた

閑静かんせいない廃景はいけい鉄塔てっとう田園でんえんかって
簡単かんたんなカメラでぼくうつした
唐突とうとつ視界しかいはいったくろ制服せいふく彼女かのじょくちひらいた
「あなたはわたしまれわりなの」
そうってすぐにけてった
いてはなれない表情ひょうじょうから
もうげられない

夕暮ゆうぐれがアスファルトを
単調たんちょうまつりばやしを
綺麗きれいかれた紙切かみきれをまた

線路せんろみちびかれて
かないえき二番にばんホーム
そこには予告通よこくどお彼女かのじょはいた
にはれた花束はなたばっていた

静寂せいじゃくよるあるいた 会話かいわもなかった
ふさがれたいしのトンネルがあった
板張いたばりの隙間すきまから
おくほうにに鳥居とりいわずかにえた
「あなたのまれるまえのこと、

16年前じゅうろくねんまえ今日きょうおしえてあげる」
はなそなえたいていた
これはまだはじまりだった

まもられないいのち
かくしたことも
ほんの些細ささい言葉ことば
だれかが背負せおっていた