「潜水艦トロイメライ」の歌詞 トーマ

2013/4/3 リリース
作詞
トーマ
作曲
トーマ
文字サイズ
よみがな
hidden
深度しんど段違だんちがいにもぐりきった地図ちずにないそこ
コーデュロイの海月くらげ無色透明むしょくとうめい寄生魚きせいぎょ
気体きたいバルーンまとった潜水艦せんすいかんすす
サーチライトらせらせ 岩窟がんくつ深奥層しんおうそう

ひるよるてつなか闇夜やみよ パイプかん振動しんどう
唯一ゆいいつ手記しゅきだけをたよりにしずもう
使つかふるされた合図あいずなんて必要ひつようない
重油じゅうゆにおいにまみ降下こうかみだすな

水圧すいあつ静寂せいじゃく目下もっかアンダーゴウ
さあ文明ぶんめいかくされた真実論争しんじつろんそう
眼前がんぜん浩々こうこうたる海底都市かいていとしを…

そこにあいはあった?ちかいはあった?
どこかでむくわれた?
日照ひでりも、夜空よぞらも、生命いのちも、
られた歴史れきし傷跡きずあと
明日あしたがあって、家庭かていがあって、未来みらいつつまれて
もうそんなおともすっかりんだ
みずちても、ふか水底みなぞこにじからないの

栄光えいこう対価たいか 禁制文明きんせいぶんめい 落下らっか
ぎた動力源どうりょくげん濫用らんよう 暴走脱法ぼうそうだっぽう
幻想げんそう 権力者逃けんりょくしゃにって
くろかたまり空白くうはくました

しあわせそうなネガフィルムの
指輪ゆびわ髪飾かみかざ安息あんそく
終幕しゅうまくつづったタイプライター
らなくなった枯淡こたんかね

蒙昧もうまい生活せいかつ紺碧こんぺきまった
潜望鏡せんぼうきょうやった生態せいたい退化たいか
ひと何処どこってしまったのだろう

かえりをったどんな言葉ことば
ははゆめも、あい蜃気楼しんきろう
明日あしたせてといのりました」
ちたかべきざまれた
あきらめきれない最後さいごさけ
こうでさきっています」

でもいのちはあった
くずれたまちまぶしくつつまれた
瓦礫がれきみどりいえから
夜光虫やこうちゅうたちがあふれてはじけた
はかなった うららかだった
すべてをたしかめた
想像そうぞうえた、時代じだいえた
幾万里深いくばんりふかそこのこされたおもいは
ほのかなこえげた
そして、また、ながねむってしまう

栄光えいこう対価たいか 禁制文明きんせいぶんえい 落下らっか
ぎた動力源どうりょくげん濫用らんよう 暴走説法ぼうそうせっぽう
幻想げんそう 権力者逃けんりょくしゃにって
くろかたまり空白くうはくました

海面かいめんかえった潜水艦せんすいかんなげいた
された文明ぶんめいたしかにそこにった
はじまりのようでわるようなうみ
そしてだれからもあいされなくなったまち