「線香花火」の歌詞 ナオト・インティライミ

2014/10/1 リリース
作詞
ナオト・インティライミ,磯貝サイモン
作曲
ナオト・インティライミ
文字サイズ
よみがな
hidden
この線香花火せんこうはなびえたら
もうさよならなんだね
きみがめたことだから
なにこわくなんかないよ

口笛くちぶえいたらなみだがこぼれてきた
ほしがにじんだ ちきしょーなんか綺麗きれい

きっとわすれてしまうんだろう
こうしていまっている時間じかんさえも
それなのにぼくたちは
なんて無防備むぼうびごしてきたんだろう

海岸かいがん沿いをあるいていた
すこふうつよよるだった
なにかがこるはしていた
海鳥うみどりがやけにさわがしくて
「たいせつ」という言葉ことば意味いみ
かっていなかったイマイチ
きみとのながながなつ
永遠えいえんつづくとおもってた

なみおとやさしくふたりつつんだ
そして最後さいご花火はなびをつけた

いっそ時間じかんもどせるなら
もう一度いちどはじめからきみと出逢であいたい
このおな景色けしきながら
きみはいま なにおもっているのだろう

はじめてをつないだ花火はなび大会たいかい
まつりで金魚きんぎょすくいしたっけ
なつおも
いまでもあざやかに
記憶きおくなかひかっている

すなのこした足跡あしあと
なみにさらわれてうみへとかえるだろう
別々べつべつみち
それぞれの未来みらいらすために

でもきっと
わすれはしないだろう
「たいせつ」なものを「たいせつ」にするっていうこと
らなかったんだなにひとつ
きみがくれたものこんなにもおおきかった
さよなら ぼくはちいさくった

ありがと
きみとの時間じかん
わすれないよ