「砂の器」の歌詞 ナスカ

2007/8/8 リリース
作詞
佐藤大志,山内麻里子
作曲
佐藤大志,山内麻里子
文字サイズ
よみがな
hidden
うしなうものなどないくせに ビビッてすかしてえきらないから
きみかげすななかかくしてしまったよ

ねえ あのうみにした朝焼あさやきみおぼえているかな
ああ とても綺麗きれいねって ぼくはなにもかんじなかったんだ
すべてにつかれていたんだね

きっと ぼく両手りょうてすなにまみれて よごれていってしまうけど
まよって もがいて って やまぬ日々ひびしがりつづけるだろう

何時いつしか ときひかりかげ
常識じょうしきはずれの言葉ことばをまぜて
つよがるぼくめることもくなってしまったよね

ああ なみようにすれちがいながら
ちかづけずにいること 気付きづいていたんだよ
ったりたりをかえ
不安ふあんたたかっていたんだよ

いつか ぼくかえったまちなか たとえきみがいなくても
まよって もがいて って った時間ときさがつづけるだろう

いつか ぼく両手りょうてはいになって よごれだって 未来みらい
うばって こわして うしなっても 何度なんどだってがりつづけるだろう
そしてぼく今日きょうきていく