1. 拝啓、夏に溺れる歌詞

「拝啓、夏に溺れる」の歌詞 ナブナ feat.初音ミク

2013/8/20 リリース
作詞
ナブナ
作曲
ナブナ
文字サイズ
よみがな
hidden
愛想あいそがつきたようなんだ ぼく
廃頽十九はいたいじゅうくかさがついてる 今日きょう

十二時過じゅうにじすぎのアスファルトに
ちたきみちいさないのちかさを そっと

あめ途切とぎれたらあさあいがかかる
蛍光色けいこうしょくはねれたきみすがった

夏蝉なつせみ そら
せたうたみみけたまま

きみこえひびなつすみ
まちおよぐさかなのように

エンドロールにしがみついてる 今日きょう
一人何ひとりなにかにすがっていきをする 明日あす

だれかのこえかさなってもぼく
せきつこともわすれてしまってるようで

なつ花束はなたば風鈴ふうりんかげ
みずおぼれてるきみ言葉ことばゆがむんだって

夕凪ゆうなぎ片隅かたすみ
きみかげそられたまま

空蝉うつせみかたちかさした
いつかえた蝉時雨せみしぐれ

カラスがくからうちにかえろう
ちるまちにさざめいた夕焼ゆうやけにかないように

蛍火ほたるび そら
なつわる きみこえがただ

すこしかすれてゆく うすれてゆく
あかね

夕闇ゆうやみ そら
せたゆめきみめて

今蝉いませみうたまる かすれたまま
カラスの鳥居とりいした

きみわらなつすみ