「悲しきPRETENDER」の歌詞 ハウンド・ドッグ

1993/4/24 リリース
作詞
大友康平
作曲
簑輪単志
文字サイズ
よみがな
hidden
かんじるままに きていたいのに
タイムカードに しばられて
はいつくばって まよいこんでる
ストレスだらけのSTREET

それでもだれもがねがってる
かならずいつかSOMEDAY

かなしきPRETENDER
なんのため本当ほんとう自分じぶんてるのか
少年しょうねんひとみ 見失みうしなわないで
しんじた ゆめゆめ
わらせない ために

きだとえる ことが出来できなくて
ためらいばかり ひとりきり
流行はやりのうたに 姿映すがたうつして
ためいきついてる REGRET

だけどもだれもがおもってる
かならずとどく ONE DAY

かなしきPRETENDER
いますぐに本当ほんとう自分じぶんつけろよ
大人おとなになること いまおびえないで
こころが ふるえるよる
なぐさめあいは よせよ

かなしきPRETENDER
このときにもう二度にどもどれやしないから
まらないで どんななみだにも
しんじた ゆめゆめ
わらせたく ないぜ