1. シアワセサガシ。歌詞

「シアワセサガシ。」の歌詞 ハジ→

2012/8/8 リリース
作詞
ハジ→
作曲
ハジ→
文字サイズ
よみがな
hidden
朝起あさおきるなり
はあ~ なんて ためいきをついて

仕方しかたなしに 今日きょう支度したくはじめる
かないかおして

恋人こいびと随分ずいぶんいないし 休日きゅうじつも リアじゅうとは ほどとお
こんなぼくしあわせになれるは くるのかな?

でも

明日あした なにをしようかなって
かんがえられることが しあわ

明日あした学校がっこういやだなって
おもえることが じつしあわ

だって 明日あしたがくる 保証ほしょうなんて
どこにもないんだから

明日あしたかんがえられることは
しあわせなことでしょ?

この時代じだい日本にっぽんというくにまれてくることができて
不況ふきょうだとか 就職難しゅうしょくなんだとか 先行さきゆ不安定ふあんてい だとしても

ぼくらが いま あたえられている 環境かんきょうって どうだろう?
けっして 不幸ふしあわせ とはえないんじゃないかな? って
ぼくおもうよ

だって

もしも 100年前ひゃくねんまえ日本にほんまれていたとしたら
ぼくは こんなふうな 毎日まいにちごすことはできていたかな?
世界中せかいじゅう武力ぶりょく正義せいぎだとかんがえていたそんな時代じだい
どんな人生じんせいおくっていたことだろう?

蛇口じゃぐちをひねれば みず
ボタンをせば 電気でんきがつく

携帯電話けいたいでんわに インターネット
その世界せかいつながれる

現代社会げんだいしゃかい普通ふつう存在そんざいしてる
あれ も これ も 全部ぜんぶ

ぼくじゃない
だれかが つくってくれたり
そうできるようにしてくれたこと

なにも なかった 地球ちきゅうがあった
46億年よんじゅうろくおくねんときがたった
ものが あふれかえる 地球ちきゅうになった
そしたら 感謝かんしゃこころすら見失みうしなった

かんがえてくれた先祖せんぞ
たたかってくれた先祖せんぞ
はしをかけてくれた先祖せんぞ
つないでくれた先祖せんぞ

本当ほんとうに ありがとうございます
感謝かんしゃおもいを うたいます

からはじまった
この地球ほし現在げんざい
どれほど たされてることだろう

ぼくら つい たされてないことばかり かんがえがちで
すでに にしてる しあわせ のこと
すぐわすれてしまうけど

いのち太陽たいよう宇宙うちゅうもあること
それ自体じたいたりまえじゃない

だとしたら
いま ぼくという存在そんざい
ここにいるということ

それだけで ものすごく
しあわせなことだと ぼくおもうんだ