「sumire。」の歌詞 ハジ→

2014/7/16 リリース
作詞
ハジ→,渋川諒
作曲
ハジ→,re:sign(youth of generation)
文字サイズ
よみがな
hidden
梅雨つゆわりにきみ出会であった おれにはきみなつ太陽たいようおもえた
きみるまでのおれなかなんてくだらないと 毎日まいにち
きたなくつのまま土足どそくらすようにきてた
そんななかんだひかり まぶしくてぱしるしかなかった
はじめてのデートは渋谷しぶや かえみち2ふたりずぶれになりながら
満員電車まんいんでんしゃった きゅうおれむねにしがみついたきみ
そんなにがあっても まもりてえってはじめておもったんだ
あい意味いみなんてらなかったおれが こんな気持きもちになれるなんて
まれてはじめて 自分じぶん人間にんげんらしくおもえた瞬間しゅんかんでした
いつしか不安定ふあんていおれこころささえになってくれてた
おぼえてるかな? きみ誕生日たんじょうびがらにもねえ花束はなたばってって
素直すなおよろこきみかおかくすので精一杯せいいっぱい

すこしでもきみりたくて すこしでもきみささえたくて
すこしでもきみわらごえきたくて
スミレの花言葉はなことばのような ちいさなしあわこころはこんでくれる
きみ一輪いちりんあいおれにはきみしかいないんだ

高嶺たかねはなこいをしたおれきみかせたくて がむしゃらだった
ほかにはなにもいらなかった きみおもえばなんだって出来でき
そのさききみっててくれるって そうしんじるだけで
つまらなかった日々ひびうそみたいにしあわせにちていった
きずつけたこともあった いまおもえば子供こどもだった
すぎた過去かこもどせないけど こころからあのとき本当ほんとうにごめんよ
きみはなれてくのがわかって あきらめようともした
ほかしあわさがそうともしたけど 自分じぶん気持きもちにはうそつけなかった
きみへのおもあふれすぎて まえすらえなくなってた
きみうすれてくのがイヤで きみわすれるのがこわくて
毎日まいにちとどくはずのない手紙てがみつづった日々ひび
久々ひさびさいたきみこえ 受話器じゅわきこううれしくてなにえなかったよ

すこしでもきみりたくて すこしでもきみささえたくて
すこしでもきみわらごえきたくて
スミレの花言葉はなことばのような ちいさなしあわこころはこんでくれる
きみ一輪いちりんあいおれにはきみしかいないんだ

あふれるほどのこのおもいが きみもととどくように
精一杯せいいっぱい気持きもちをめて このうたかなでる音色ねいろ
きみいたくて すこしでもあいされたくて
きみ一輪いちりんあいさ いつまでもおれきみうたうよ