「ナイフ」の歌詞 ハルカトミユキ

2013/11/6 リリース
作詞
ハルカ
作曲
ハルカトミユキ
文字サイズ
よみがな
hidden
おだやかな昼間ひるまんだ日差ひざしに
あたま片隅かたすみにくしみばかりそだ

すきだらけのからだ かんでくる言葉ことば
できるならすべてをわらって見送みおくりたい

何度なんどばしたナイフをしまって
わりのおもちゃをさが

うしなうことをらないだれかの
びついたナイフがさって
いまになってもけずにいるから
いたみがわすれられない

一度いちどんだ出来事できごと今更いまさら
のどおくほうくろかたまりになる

うべきものからナイフをそらして
わりのおもちゃにける

たりさわりのないようにきて
所詮しょせんこんなにせま世界せかい
きっとすべてをうしながした
ナイフはにぎれずにいる

えなくなった それでもあるいた
たったひとつの約束やくそくだから
なかったことになってくすべての
かなしみをかかえてゆく