1. さくら歌詞

「さくら」の歌詞 ハーベスタ

2008/3/19 リリース
作詞
ハーベスタ
作曲
ハーベスタ
文字サイズ
よみがな
hidden
「もうすこし あとすこしだけこのまま ごしていたかった」
きみこえはる風包かぜつつまれ ぼくのこころめる
さくらいろに…

はしまわった あの放課後ほうかご廊下ろうか
使つかふるした あの教科書きょうかしょ ボロボロの
これからもう必要ひつようないけど のこさずこのむねきざもう
授業中じゅぎょうちゅうまどから きこむ風柔かぜやわらかな
ほほなでる 感覚かんかくはまだはだのこるそのまま
いつまでもあざやかに
このさき ずっとずっとずっと
いろせないこころのアルバムになるはず

いつもなにかに夢中むちゅうで かけぬけてきた日々ひび
タバコのあじおぼえて はじめて本気ほんきこいもした
大人おとなになること意味いみなどわからずに
それでもきっとすこしずつ いまならわかるがする
ともごした この最高さいこう三年間さんねんかん今日きょうわりだね ホント残念ざんねん
でもここがわり じゃなくはじまり そうまだ なにわんねんだ
だから明日あしたからはまた別々べつべつ道歩みちあゆむけど
希望きぼうむねやさず そう おれたちならやれるはず

「もうすこし あとすこしだけこのまま ごしていたかった」
きみこえはる風包かぜつつまれ ぼくのこころめる
さくらいろに…

みんなのわらごえ いつもの怒鳴どなごえ
にぎやかにざりって 教室きょうしつそとまで
このみみのこって このむねひびいて
瞳閉ひとみとかべるたび こえるよそのこえ
かなしくないよ わかれじゃないから
さみしくないよ すぐにえるから
大人おとなになっても えない宝物たからもの
大人おとなになっても 約束やくそく またおう

「もうすこし あとすこしだけこのまま ごしていたかった」
きみこえはる風包かぜつつまれ ぼくのこころめる

「もうすこし あとすこしだけこのまま ごしていたかった」
きみこえはる風包かぜつつまれ ぼくのこころめる
さくらいろに…