1. 夢を見る頃歌詞

「夢を見る頃」の歌詞 ハーベスタ

2007/11/21 リリース
作詞
ハーベスタ
作曲
ハーベスタ
文字サイズ
よみがな
hidden
いつまでもむねかがやえない大切たいせつもの
おときみとど今夢いまゆめころ

なんとなくぎていく日々ひび 今日きょうだってその1日いちにちいまこうしている時間ときだって
それをめてく意味いみ じゃあなんでここにいるのかって?そんなことはもうわかってる
さあ きみゆめうたうなら からまでとどくから もう1度いちどそこへかうなら わらってよこころから
無邪気むじゃきえがいたあのころゆめいまもそこにっているから
あれから時間ときっているから なんて関係かんけいない 永遠消えいえんきえない
さみしくて1人小ひとりちいさくなったとき うれしくてすぐに家飛いえとしたくなるとき
きみ元気げんきづける きみおなことよろこべる

これからがまえすすとき そうさうしたってなにもない
かなわぬゆめだ」って夢見ゆめみてるより「はじめてとおみちちょっとまって」まってるより
なにもしないでつだけより ただ前向まえむいてはしるだけ
おれ前向まえむきじゃなくてアホなだけ したい過去かこなんてあったっけ?
子供こどもころこころ いつしかそっと わすれたところ
そうそう 妄想もうそう 想像そうぞうより 行動こうどう この言葉ことばいのりをめて

いつまでもむねかがやえない大切たいせつもの
おときみとど今夢いまゆめころ

つらいときにはうえろ ほら そらいろ何色なにいろ?
たとえいまくもぞらでも むねにはいつもぬくもり ほら
だれにだってあるはず はなれてたってわかるはず
そのおもいこそオリジナル やがてそらけるにじになる
肩落かたおとして どうしてってなやんで 涙流なみだながしてた nightナイト &アンド dayデイ
そんな日々ひびいまじゃもう かけがえのないおれ1pageいちページ
わらって夢話ゆめはなしたね ときなみだらした
そんな日々ひびのくりかえしで それでもきっと明日あした
気分勝手きぶんかってにはやしたて 自分勝手じぶんかってはなした
でもあきらめるのはなしだぜ それじゃまじダセェ さあはしかぜ

ドコかってすすんでんの? キケンのすくない道行みちいくチケット
右手みぎてにぎりまるでロボット 一人ひとりじゃめられないよ なに
弱気よわき言葉ことば口動くちうごかすたび こころにためんだ力減ちからへらし
せっかくふくらました未来みらいよごしちゃったりしそうだし
いまはまだかいかぜ ちはだかるデカイかべ
つよつよつないだ はなさない はなしたらつらいだけ
右手みぎてのチケットゆめくろられた世界せかいさえ すべきみ夢色ゆめいろめて

いつまでもむねかがやえない大切たいせつもの
おときみとど今夢いまゆめころ

いつまでもむねかがやえない大切たいせつもの
おときみとど今夢いまゆめころ

ときぎても ゆめころ