「Eccentric Person Come Back To Me」の歌詞 パスピエ

2013/3/20 リリース
作詞
Oscar II Hammerstein,訳詞:大野方栄
作曲
Sigmund Romberg
文字サイズ
よみがな
hidden
くるくるとまわる33回転かいてん
ふるいJazzのレコードみたいな
あめよるに Candleをつければ

れるほのおこうで
微笑ほほえむあなたが ようがするの
あのから何故なぜ わたしひとり
この部屋へやのこしてなくなったの?
無邪気むじゃきかおしたあなたの写真しゃしん
かべにPinでとど溜息ためいききかけて
ぼんやりする毎日まいにちなの
いい加減かげん駄々だだこねず はやかえって

まどながれて面影おもかげにじませる
水玉模様みずたまもようのコラージュのまちかりも
ひとつひとつまたたいて えて時間じかん
とおりをいそひと靴音くつおとみみをすまして
そのたびドキドキしてるわ

すべてはそのままで わらずにらしてる
時計とけいはりめて
あなたのかえりを しずかにびてるの
これ以上いじょう わたしことひとりにしないで!

Blueのパジャマ
おおぎて似合にあわないけれど
なんとなく てみたりする
退屈たいくつ まぎらわしながら
ながあいだ あなたのことかんがえてた
本当ほんとうわたしよりあまえんぼう しんからさびしがり

意地いじるあなたなのに
我儘わがままわたしこと
子供こどもあやすようあま言葉ことば げてこす
それまでのつよがりのキャッチボールをやめ
薔薇ばら花束はなたば 背中せなかかくして
Doorをたたいてちょうだい
どんなときわすれずいてしいのよ

Tableのうえ相変あいかわらずならべちゃうの
2人分ふたりぶんのサラダとオムレツは
べきれないから
いつのにか 一人芝居ひとりしばいくせついてて
ぶつぶつっては ねてる

真夜中まよなか電話でんわのBellがるたび
早鐘はやがねむね息苦いきぐるしさ
かく恋慕れんぼやめにして まえあらわれて

かぎなどかけずに ないでってる
あなたのあるかた ちゃんときあててしまう
するどいなの わたしをもうこれ以上いじょう
ひとりぼっちにしないでしいの おねがいよ!
Eccentric person、Come back to me!