「君がうまれた日」の歌詞 ビリー・バンバン

2014/10/15 リリース
作詞
カワムラユキ
作曲
森正明
文字サイズ
よみがな
hidden
最後さいごこいとわかっていた 一目ひとめたその瞬間ときから
記憶きおくのかけらは はなひらいてしずかに
きみ笑顔えがお太陽たいようのように あらゆるいとしさ目覚めざめさせて
ぼくおもいはつきのように こころあたためる
いつかすべてがえてなくなっても このこいのこるから

物語ものがたりつづきは いつもはかなただようだけ
ときかわねがいをかべるから どうかそのはなさないで

きみがうまれた ぼくくちづけた
ぼくがうまれわった きみつないだ
あらかじめめられた運命みちあるいているのなら
もう一度いちどうまれかわっても きみめぐいたい

はじめてったからずっと かたえたね
言葉ことば意味いみなど さがすことなく永遠えいえん
きみなみだはそよかぜのように あらゆるいたみをいやしていて
ぼく不安ふあんさえ雨音あまおとして過去かこきしめる

ときしらずな情熱じょうねつ ふいにてなく戸惑とまどうだけ
ほしうみきずなかべるから どうかそのはなさないで

ぼくがうまれた きみ微笑ほほえんだ
きみがうまれかわった ぼくつないだ
あらかじめめられたあさむかえられるのなら
何度なんどでもうまれかわって きみめぐいたい

きみがうまれた ぼくくちづけた
ぼくがうまれわった きみつないだ
あらかじめめられた運命みちあるいているのなら
もう一度いちどうまれかわっても きみめぐいたい