1. セピア歌詞

「セピア」の歌詞 ピコ

2010/10/13 リリース
作詞
橋本良和
作曲
橋本良和
文字サイズ
よみがな
hidden
めぐりめぐる季節ときなか何度なんど何度なんどもたどるほど
やがてせてくのでしょう

寝覚ねざめがわる日々ひび
朝靄あさもやてる珈琲コーヒー
たとえばきみおなじように
角砂糖かくざとう誤魔化ごまかすよう上手うまくはいかないね

突然とつぜんあめ きみとの最後さいご今日きょういろそらいた

ゆらりれるゆめなかきみきみだけをいかけて
やがてとどかないまぼろし
とおとお時間ときをこえて わることのない笑顔えがお
そっとセピアにまる二人ふたり

明日あしたきみれるだろうか
たりまえげかける悪戯いたずら
わりがはじまり
いつからか気付きづかないままきみとおくなった

きみ口癖くちぐせ 仕草しぐさこえよみがえるからきみすべてが
ふたつそろえた グラスのひとつで ながんだ しずけさ せつなさ

ふわりふらりおぼれてれて こころからだうそあず
まるであまくはない果実かじつ
ながながよるえて自分じぶんよわさをったあさ
つよしずかにいた 嗚呼ああ

あのあのときあの場所ばしょわした言葉ことば意味いみをなくし
かがやきさえくした二人ふたり
めぐりめぐるこいなかでそれぞれえらんだみちある
やがてわすれゆくのでしょう きっと