1. サクラ舞い歌詞

「サクラ舞い」の歌詞 ピース

2008/1/23 リリース
作詞
平義降
作曲
大角太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
サクラのはな りて ぼくむねめつける
ゆめのかけら いかけて ふるえる鼓動こどうかさねた日々ひび
笑顔えがおがおもわかちあった いまでもきみぼく青春せいしゅん

卒業証書そつぎょうしょうしょいて いつものホームに二人ふたり
急行待きゅうこうまつわずかなときしむようににぎ

きみとふざけかよった 桜並木さくらなみきけて
別々べつべつのレールのうえいま あるそうとしている

はしゃぎぎていた季節きせつおわりがあることを
無口むくちになってゆくきみっていたんだね

サクラのはな りて 二人ふたり胸締むねしめつける
見上みあげたそら かぜおもまではこんでくる
こわいのは大人おとなになることより 二人ふたりもう二度にどえなくなること

卒業証書そつぎょうしょうしょはきっと 未来行みらいゆきのチケット
とおすぎて いまえない それぞれべつのあしたへ

発車はっしゃのベルがひびぼくよりすこしだけ
大人おとなになっていたきみは そっとった

サクラのはな りて 二人ふたり胸締むねしめつける
見上みあげたそら かぜおもまではこんでくる
なみだのあとかくし わらってくれた きみわすれない

サクラのはな りて ぼくむねめつける
ゆめのかけら いかけて ふるえる鼓動こどうかさねた日々ひび
あのときいたみはとおのくけど いまでもきみぼく青春せいしゅん