1. うたかたの僕等歌詞

「うたかたの僕等」の歌詞 フィルハーモユニーク

2009/11/25 リリース
作詞
五郎川陸快
作曲
五郎川陸快
文字サイズ
よみがな
hidden
あのころ自由じゆうあこがれて たかそら見上みあげていた
ぼくはいつもこの両手りょうてより あのとりようはねもとめた

あなたと出会であってから すこしずつその気持きもちがうすれていった
あなたにれたり つなぐこのかたちいまいとおしいから

もうべなくてもかまわない いつまでもわらずに
ただ あなたをきしめれる この両手りょうてがあればそれでいい

きなひとにキスがしたくなる そんな不思議ふしぎ
二人ふたりつないでいる形無かたちなきモノの正体しょうたいを いつかあなたとかせたら

言葉ことばより大切たいせつな こんなにもあたたかな
からだ何処どこかであふれる あなたへのおもいをかんじていた

しあわせでこわくなって なんだかせつなくなって
せたちいさいからだ あなたをまもりたいとおもった

ときながれにかんでいる うたかたの僕等ぼくら
理由りゆうさえもらずさからえず ながされえてしまうけれども

時間ときっていくのかな? ただつもっていくのかな?
最初さいしょ最後さいご世界せかいであなたに出会であえた この奇跡きせき

無理むりだってわかっていても 無駄むだだってわかっていても
あなたとごすこの時間じかん永遠えいえんつづ事願ことねがうよ

わらわずにいてしいんだ