1. みちしるべ歌詞

「みちしるべ」の歌詞 フィルハーモユニーク

2009/11/25 リリース
作詞
五郎川陸快
作曲
五郎川陸快
文字サイズ
よみがな
hidden
もうすこしでわたし誕生日たんじょうびがやってくるけど ただ ローソクはえる
みぎひだりかるモノの バランスのなかこころれる

あらそいはきらいだが こころなかではいつも だれかにピストルをけたりしてる
ひとをつきとしてもがりたい表彰台ひょうしょうだい なにかがしくて なにかを目指めざして

だれもが現代げんだいにみちしるべをさがしている

きるとはなんだろうか? たたかことたたかいをけること
ただしさとはなんだろうか? 間違まちがわぬこと見失みうしなわぬことでしょうか

またあさかおあらえばわたしわりがあるなどみずながれる
くやしいくらいに 格好良かっこよくいたい くやしいくらいに ひとでいたい

なみだれて 笑顔えがおしわえて いとしきひとなにかを背負せおこしまるくする
くるしいくらいに しあわせでいたい くるしいくらいに しあわせにしたい

それでも それすらわすれるときがある

やさしさとはなんだろうか? ゆるせることゆるさぬことでしょうか
あいするとはなんだろうか? おもいやるだけか うたがこころをもかくことでしょうか

あめにもマケテ かぜにもマケルけれども いつかわたしもみちしるす

きるとはなんだろうか? たたかことまもつづけること
ただしさとはなんだろうか? はずさぬこと自分じぶんだけがうしなわぬことなのか

これから先歩さきあゆ一歩いっぽにゆく一歩いっぽでなく きゆく一歩いっぽであれ
これから先歌さきうた言葉ことばずかしながらも ひとこころようにと
それがわたしのみちしるべ