1. 優しい響き歌詞

「優しい響き」の歌詞 フィルハーモユニーク

2009/11/25 リリース
作詞
五郎川陸快
作曲
五郎川陸快
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆめときの あのころ気持きも大切たいせつ風化ふうかさせずしまっておけるかなぁ
なんとなく不安ふあん自信じしんもなくして 近頃ちかごろなにしてもうまくいかなくて

でも今日きょうわるころ 明日あした出番待でばんまちわびているように
こともきっと いきをひそめてる

どこまででもつながっていく未来あしたのどこかで
きだとおもえる自分じぶん出会であえるだろうか
かなしみにもつまずいても不器用ぶきようあゆんでいくだけ
近道ちかみち遠回とおまわりでもいい

てもつかない 自分じぶん名前なまえ由来ゆらいおしきみわらった
素敵すてき名前なまえだと きみうから この名前なまえもっと素敵すてきになったよ

ひとそらした僕等ぼくらはわかりえるひともとめて
たがいにくした場所ばしょさがすように

どこまででもつながっていく未来あしたのどこかに
わらずきだとおもえる あなたがいるなら
それだけでも こころはそう やさしい気持きもちになって
不思議ふしぎなくらい いまきになれる

じて この世界感せかいかんじたら
あふれていた やさしいひび

どこまででもつながっていく未来あしたのどこかで僕等ぼくら
わらえる自分じぶん出会であえるだろうか
かなしみにもつまずいても不器用ぶきようさがしていこう
ひびうように いつもきみ二人ふたり