1. 君という光歌詞

「君という光」の歌詞 フィルハーモユニーク

2009/11/25 リリース
作詞
五郎川陸快
作曲
五郎川陸快
文字サイズ
よみがな
hidden
きみ元気げんきでやっているのかな?
気付きづけば のこりわずかのカレンダー もうすぐそっちにかえれそうだよ

はや気持きもちが先走さきばしりしていて
このかぜきみまちまでけたなら なんて想像そうぞうしている

おさまりきれなくて ちきれなくて きみへのおもいをいま このそらはなつから

あぁ ずっとわらない きみぼくひかり 何処どこにいてもぼくらしている
それは太陽たいようように いつもそこに
りふれた日々ひびかがやかせていく このだまりのなかかんじた
此処ここまでびる うれいとこいきみというひかり

どこかしずかな場所ばしょあるきたい
あの田舎道いなかみち いまもあるかな 二人ふたりおも場所巡ばしょめぐろうか

なに特別とくべつことはしなくとも
きみはなしをただきたいな ぼくてっするつもりだよ

かさならなかったたがいの時間じかんもどすまで ずっときみそばにいるから

ねぇ いつもわすれないで ぼくきみひかり 何処どこにいてもきみつつんでいる
えないけれど ぬくもりかんじるよう
さびしさはきみぼくあいだなら それはきっといとしさなんだよ
おな気持きもちできざんでいく そのちいさな歴史れきしを いつかあいぼうか

大切たいせつだとおもひとがいる それだけで こんなにも世界せかい素晴すばらしい

あぁ 何度なんどでもうよ きみぼくひかり どんなにとおはなれていても
けっしてえること太陽たいようよう
いつまでもぼくらしつづけてよ りふれた日々輝ひびかがやかせて
此処ここまでびる うれいとこいきみというひかり