1. Gum歌詞

「Gum」の歌詞 フジファブリック

2014/9/3 リリース
作詞
山内総一郎
作曲
山内総一郎
文字サイズ
よみがな
hidden
一回寝いっかいねればおさまったなんてうそぶきながら
あたらしいふくうれしいんだと自転車じてんしゃでピース
北海道ほっかいどうくらいさむいらしい予報よほうとお
まだゆきのこ々のわきをならんではしった

さくらさびしくなっちゃうからきらいだなんて
つよ口調くちょううからぼくもそうおもってたっけな

何一なにひとかえせないままなんだ

いつかてたあのはなのように
すこし ほんのすこしでも
つよくいたいとおもうのです

毎回まいかいそのしのぎでなんとなく ごしてたから
ぼくはどうやってもきみらしくきることができない
うめうめガムのにおいがする だからきだと
何気なにげなくってたけどそれもまだよくわからないんだ

何一なにひとおなじじゃないはずなのに

まちいろはあのころのようで
ぼくていた景色けしき
ちかく まだちかくにかんじます

うれしいときもかなしいときもいつもまって
さき涙見なみだみせるからぼくはいつも我慢がまんしてた
何回なんかいさむふゆおもしては
めることだけでぼくはまだなにわれないんだ

いつかてたあのはなのように
すこし ほんのすこしでも
つよくいたいとおもうのです