「地下室」の歌詞 フラワーカンパニーズ

2015/1/20 リリース
作詞
鈴木圭介
作曲
鈴木圭介
文字サイズ
よみがな
hidden
場所探ばしょさがして 今夜こんやける 寝床ねどこについても 素面しらふじゃつけないんだ
のどおくに なにかひっかかってる 時々ときどき たまんないぐらいいた
さかな小骨こぼねとか そんなもんじゃないな ふかくまでさって けるはしないし
右目みぎめほうだけ つきがわるくなったのは 不安ふあんでしびれて たまんないんだろう
風通かぜとおしのわるい 地下室ちかしつにおい 陽当ひあたりのわるい むねなか
肝心かんじんこと
大事だいじこと
斬新ざんしんこと
本当ほんとうこと
いつだって
いつだって
いつだって
いつだって
自分じぶんなかにはない
自分じぶんなかにはない
自分じぶんなかにはない
あたまなかではない あたまなかにはない
部屋へやだらけの アパートの階段かいだんは ひっそりしぎて かないのか
なかをずっと あるいてたつもりで 遠回とおまわりばっかり していたんだな
冬休ふゆやすみの宿題しゅくだいを いまになっても しそびれている そんな気持きも
きずったまんま もう何年なんねんった 先生せんせい 今更いまさら 手遅ておくれですよね?
すれちがくつと しどけない日々ひびと あたたかい手足てあし かぜなか
肝心かんじんこと
大事だいじこと
斬新ざんしんこと
本当ほんとうこと
いつだって
いつだって
いつだって
いつだって
自分じぶんなかにはない
自分じぶんなかにはない
自分じぶんなかにはない
あたまなかではない あたまなかにはない
人影ひとかげしずむ かおのない未来みらい 生臭なまぐさ気配けはい やみなか
肝心かんじんこと
大事だいじこと
斬新ざんしんこと
本当ほんとうこと
いつだって
いつだって
いつだって
いつだって
自分じぶんなかにはない
自分じぶんなかにはない
自分じぶんなかにはない
あたまなかではない あたまなかにはない