1. 東京の朝歌詞

「東京の朝」の歌詞 フラワーカンパニーズ

2015/1/20 リリース
作詞
鈴木圭介
作曲
鈴木圭介
文字サイズ
よみがな
hidden
いつのまにかたりまえかおをして 新宿しんじゅくまちあるいてる
はじめてたのはゆきよる もうずいぶんむかしはなし
スクランブル交差点こうさてんわたとき どれだけのひととすれちがう?
たくさんのひとがいるけれど だれわせてはくれない

きしめてみても きしめてみても きしめてみても 一人ひとりぼっち
あるいてみても あるいてみても どこにもたどりかないで

東京とうきょう 東京とうきょう 東京とうきょうあさ つめたいかぜける
ゆめせきをひとつして そらえてゆく

なんでも出来できそうながしてた 何一なにひと出来できないもしてた
古着ふるぎった真赤まっかなジャンパーは もうとっくにくしてしまった

特急列車とっきゅうれっしゃのように季節きせつはいつも 大切たいせつなものをばしてすすんでく
どれだけのひと出会であったんだろう? どれだけのひとわかれたんだろう?
みしめてみても みしめてみても みしめてみても げてく
かえりたくても かえりたくても いつまでもかえれないままで
東京とうきょう 東京とうきょう 東京とうきょうあさ つめたいかぜける
ゆめせきをひとつして そらえてゆく
こえしても こえしても こえしても ひびかず
やそうとしても やそうとしても なみだれて しおれてく
東京とうきょう 東京とうきょう 東京とうきょうあさ つめたいかぜける
ゆめせきをひとつして そらえてゆく
東京とうきょう 東京とうきょう 東京とうきょうあさ つめたいかぜける
ゆめせきをひとつして そらえてゆく そらえてゆく